おかずと時間に悩まされる毎日の節約弁当作り

毎日私を悩ませるのが主人のお弁当作りです。朝の限られた時間の中で、そして少しでも節約できるお弁当を考えることはとても難しいことなのです。
そこでまず私は、少しでもお弁当の負担を減らそうと一週間給食の献立のように、空いている時間にお弁当のメニューを考えて決めてしまうことにしました。
そうすることで、朝のおかずに悩む時間や、余分なおかずを用意してしまうといった無駄がなくなり随分と時間の短縮、お弁当費の節約にもつながりました。
そして次に、たくさん食べる男性のお弁当をどのように節約したおかずで満足させるかを考えました。一番主人にも好評だったのは、前日のメインおかずのリメイクです。前日のメインのおかず、例えばから揚げであれば、タレだけ作ってユーリンチー風にしてみたり、とりつくねはチーズをのせて焼いて洋風に変えてみたりしました、元がメインのおかずなのでボリュームもありますし、その上前日の夕飯の材料とほんの少し足すだけで完成してしまうのでお弁当用の具材として特別買う必要もないのです。また、副菜も基本は今人気の作り置き。一週間のメニューをきめまとめて作ってしまいます。そうするとお弁当だけでな、夕食のあと少しほしいなというときにも出すことができ便利です。
悩まされるお弁当づくりですが、少し工夫をするだけで随分負担も減り、節約も目に見えてわかってくるととても楽しくなってきました。これからも少しづつ工夫をし、お弁当おかずのレパートリーも増やしていきたいです。