ウェールズリーダーの最大のキーマンはラムジーだったのか

今フェスティバル初参加ながら並み居る強豪をずっと撃破し、準決勝ではポルトガルに敗れはしたもののその堂々たる戦い人物は各国から客受けを浴びてもおかしくないウェールズCEO、その主力アスリートといえばさすが現下レアル・マドリッドで活躍するベイルがあがりますが、こういうクラブを助ける上で最も重要なアスリートだったのは、中盤の下としてクラブを支えたアーロン・ラムジーだったのでは、とも思います。
ベイルの冠ばかりが先にでて全然目立たない気分も起こるラムジーですが、出席すら割増リーグのアーセナルでは中心として君臨、こういうクラブでも中心としてクラブを支えています。
集団リーグでは3プレイ連続到達、その後も健闘でクラブを賑わせるベイルと共に、ラムジーもうまいコツでクラブを盛り立てここまで4修正を記録していました。
しかし準々決勝のベルギー戦でイエローカードをもらい累積忠告で参加休止となってしまいました。
ポルトガル戦に敗れたとは言え、ウェールズは大活躍しましたが断然中盤のキーマンですラムジーの皆無がすごく響いたと言っても過言ではありませんhttp://www.motorlaiviai.com/aletheia.html