久々の縫製は散々でしたが、問題ありませんでした。

ズボンの裾を縫っていた糸が切れてしまいました。といっても、もうひと月ぐらい前でしょうか。おそらく、妻が塗ってくれたもんでしょうが、履く時にひっかけたのでしょう。
緊急処置として、両面テープで貼っていましたが、さすがにくっつきが悪く、はずれました。
妻に縫ってくれと言っているのですが、これがなかなか縫ってくれません。仕方なく、自分で縫うことにしました。
針に糸を通して縫うこと自体何年ぶりでしょうか。恐る恐る縫っていきます。糸の縫い目の間隔は疎らです。それでも、なんとか一周して終了です。
でも、見てみると、目が荒い。まっすぐではなくジグザグです。外に出ている一定の量が多い。まぁひどいものでした。左右もだいぶ違います。これはまずいと思いましたが、せっかく縫ったのですから、1回は履いてみようと思い、履いて行きました。
まぁどうなることやら、多少不安はありました。でも、やっぱり、気付かれませんでした。もちろん、気付いても、言わない人も多いでしょう。自分もそうですから。
ただ、かっこいいものではありません、なおそう、近いうちには、と思っています。http://www.fonfix.co/ashi-datsumo.html