無関心はサイバーテロの片棒を担ぐ危険性あり

近年サイバーテロと言う言葉をよく耳にするようになりました。

インターネットを経由してシステムに侵入し、プログラムデータを改ざんしたり、データを盗み流出させたり、大量のウイルスを発信しサーバーをダウンさせることで社会を混乱に陥れる行為が増えています。

コンピューターセキュリティに無関心なユーザのパソコンがウイルスに冒され、赤の他人の遠隔操作によりサイバー攻撃に利用されるケースもあり、犯罪は複雑を極めています。

社会の情報化はサイバー攻撃の標的となり、各国ではサイバー戦争に備えた組織が編制されるようになりました。

戦争を事前に食い止める手段として、相手のコンピューターシステムを使用不可能にする新たな国防としてのサイバー攻撃の準備も進められています。

情報化は利便性をもたらした変わりに、弱点をあらわにしました。

私たちは犯罪に加担しないためにも、また個人情報を守るためにも、個々のコンピューターのセキュリティー対策を怠ってはなりません。

ウイルス対策ソフトをインストールしておくのはもちろんのこと、ソフトウェアの更新も忘れずにすることで、セキュリティーレベルを高く保つよう心がけましょう。酵素水