霜月の一か月は暢気ができる時期かなという

天候不順の夏が経過して9月はサンマがまずまずいい味と食し、10月時期は秋景色を眺め、経過が早いなという感じで11月になった。
この一年は暖かな冬からほぼ正常値という春の桜になり、夏は例年みたいに暑いんだなと思っていたら雨天続き、よい時期としては10月とこの11月。

11月は霜月というだけあり朝晩はウールの小物や薄手コートが必須、でも晴れの日ならば昼前後はぽかぽかという暖かさ、これが小春日和ですね。
この月から師走までは約一か月ありますので、少しは年末のことも考えながらすごすけれど、結構暢気になれる時間です。

夏の天候からすれば穏やかな連日、自然だからたまに雨天もありますが、ピークを経過してみれば多少はさらりという気分で通過できます。
土日休日でも午前中は買い物とか掃除、ベストというひと時は夕焼けがやわらかで綺麗という黄昏、家にいても黄金色は美しい風景と思えます。

お昼を食べてパソコンしたり、本でも読んでみたりというこの時が至福の時間、家のコーヒーがいいなというのは陽が沈むちょっと前。
12月にもなれば忘年会とか仕事整理でせわしいから、11月のひと時をゆったりすごしています。キレイモ 値段